JSAA OPEN SEMINAR vol.12 | 勝つためのデータ活用を支えるデータマネジメントプラットフォーム

Description
JSAA OPEN SEMINAR vol.12は前回に続きオンライン開催です。ライブ視聴が出来ない方もアーカイブ視聴が可能です。

■JSAA OPEN SEMINAR vol.12:勝つためのデータ活用を支えるデータマネジメントプラットフォーム
日時:2020年11月26日(木)19:00〜20:30
主催:一般社団法人 日本スポーツアナリスト協会
登壇者:相田健太郎 氏(Jリーグ|モンテディオ山形 代表取締役社長)、木村和希 氏 (Bリーグ|千葉ジェッツふなばし ビデオアナリスト)、渡辺啓太 氏 (バレーボール|日本バレーボール協会ハイパフォーマンス戦略担当/日本スポーツアナリスト協会代表理事)、モデレーター:佐宗龍 氏(SAPジャパン株式会社 ソリューション統括本部エンタープライズ・アーキテクト兼 スポーツ & エンターテイメント・イノベーション推進エバンジェリスト)
参加費:一般 ¥2,200 | 学生 ¥1,100(共に税込) *JSAA会員の方はメールにて送付しているクーポンコード入力で20%オフとなります。
視聴方法:YouTube配信を予定しています。チケット購入者には追って限定公開の配信URLを送付致します。

■「勝つためのデータ活用の基盤」とは?
競技スポーツの世界において、勝つためにデータを活用するための人材である”アナリスト”の需要は高まり、様々なトップスポーツで活躍するようになりました。(JSAAのWebサイト紹介しているPICK UP ANALYSTも増え続けています。)
そして、昨今のテクノロジー進化のスピードは衰えを知らずスポーツ界ではこれまで取れなかったデータが簡単に大量に入手できる情報洪水の時代を迎え、強化現場では単なるデータ分析だけではなく、情報を活用しやすいように管理していくことが求められています。また、アナリストは厳しい勝負の世界を支えるが故に、体制変更によって入れ替わったり、一つのチームに定着せずに流動的に他のチームに渡ったりするアナリストの姿も見受けられるようになり、どのように蓄積されたデータを、属人的ではなく組織の財産として保管し、活用していくかという課題も聞こえてくるようになりました。
今回のセミナーでは、Bリーグ・千葉ジェッツが未来を見据えて着手しはじめた構想や、日本バレーボール協会が2017年から構築してきた事例、さらには本領域におけるグローバルでの取り組みに関して紹介するとともに、今後ますます需要が高まるであろう「勝つためのデータ活用を支えるデータマネジメントプラットフォーム」の活用可能性について、経営やフロントサイドも視点を交えて、議論します。

■こんな方にオススメ!
☞スポーツアナリストやスタッフとして競技パフォーマンス向上に携わっている方
☞スポーツ界やスポーツアナリストを支えるためのIT・システムなどに興味のある方
☞スポーツの現場最前線でのデータ活用に興味のある方

■登壇者プロフィールはこちらから
http://jsaa.org/event/3369/
Thu Nov 26, 2020
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
一般 ¥2,200
学生 ¥1,100

Combini / ATM payment will be closed at the end of Nov 25, 2020.

Organizer
JSAA | 日本スポーツアナリスト協会
130 Followers

[PR] Recommended information